飛行機を使って海外旅行に行くときはエコノミー症候群に注意する

エコノミー症候群にならない工夫が大切

飛行機にのる時に特に注意しなければいけないことは、エコノミー症候群と言われます。エコノミー症候群は、長時間椅子の上に同じ姿勢で座っていると血流が悪くなり、血栓が出来てそれが後々問題を起こすものです。飛行機に乗ったからなるものではなく、日常生活でもエコノミー症候群になる可能性はありますので注意しましょう。また、それを防ぐ予防策は幾つかあり、まず行うと良いと言われるのが、水分をしっかり摂取することです。水分が不足すると血液粘度が上がってしまうので、それを防ぐために水を飲むようにしましょう。水と言ってもアルコールなど、飲むと余計にトイレに行きたくなる飲料はNGですので、利尿作用のない飲み物で水分補給をする必要があります。

マッサージや運動をしてエコノミー症候群予防

水分補給の他には、足を自分でマッサージしたり、適度に運動をする方法もあります。ずっと座りっぱなしの状態はエコノミー症候群になるリスクが高くなりますので、トイレに行ったり、行った時に軽く体を動かして運動をすると良いでしょう。また、座ったままの状態でも軽い足のマッサージや運動なら可能です。足の指を開いたり伸ばしたり、自分の手を使ってふくらはぎのマッサージをしてあげるのも予防に繋がります。また、足の位置を少し高くしてあげるのも効果的ですので、クッションを使ったり取り付け型のフットレストを使う方法もあります。マッサージや運動の他、飛行機内での体勢にも気を使って予防をしていきましょう。

アドドドヴェンチャーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です