登山旅行の人気スポット!都心からも近い高尾山

電車を利用すれば短時間で行ける高尾山

登山を目的にする旅行は、若い人たちにも人気があります。本格的な登山の準備をしなくても気軽に登れるような山に人気がありますが、その中でも特に毎年多くの人が登山を楽しんでいるのが、高尾山です。東京都内にあるこの山は都心からも電車で一時間程度で行けることから、東京だけでなく、関東各地から旅行者が訪れています。高尾山まで電車で行くためのアクセスが非常に便利で、JRの場合には中央線に乗って高尾駅で降り、そこから京王線に乗り換えて、高尾山口駅で降りれば高尾山の登山口に到着します。新宿駅から京王線を利用すれば、途中で乗り換えずに高尾山まで行くことも可能です。いずれの方法でも短時間で現地に到着するので、ゆったりと登山を楽しむことができます。

ケーブルカーも利用できる高尾山

高尾山の登山旅行が、山登りの初心者にも向いているのは、体力をあまり消費することなく、頂上までたどりつける手段が存在するからです。登山の玄関口である京王線の高尾山口駅から歩いて数分のところに、ケーブルカーの駅があることから、歩くのが苦手な人でも簡単に山の頂上付近まで移動することが可能です。高尾山のケーブルカーは二つの駅を往復するだけの短い鉄道で、山のふもとと山の頂上にはそれぞれ一つずつ駅があります。ふもと側にある駅が清滝駅で、高尾山口駅を降りた登山客はここからケーブルカーに乗車できます。山頂側にある駅は高尾山駅で、二つの駅の間の距離は1キロメートルほどの長さです。ですが、この二つの駅の間の勾配は非常に急なのが特徴で、日本にあるケーブルカーの中でも最も急な角度であることでも有名です。

アドドドヴェンチャーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です